スポンサーサイト

  • 2016.05.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    平成26年度 第2回 専門研修を実施いたしました。

    • 2014.12.11 Thursday
    • 17:02
    こんにちは、ここねっとのブログをご覧いただきありがとうございます(^−^)

    今回も研修実施のご報告です。
    11月15日(土)に第2回専門研修が開催されました。

    今回の研修内容は、以下の3本立てでした。
     崋閉症支援の基本理解〜構造化の実践方法〜」
    ◆崋閉症支援における家族の障害受容」
    「田澤雄作先生による特別講義〜映像メディアが子どもの発達に及ぼす影響〜」


      崋閉症支援の基本理解〜構造化の実践方法〜」
    構造化とは、世の中の情報を分かりやすく整理すること。
    自閉症の人が「周囲 で 起こっていること」「自分が何をしなければならないか」を理解し行動できるようになるため…つまり”自立できるようになる”ことが目的であることを学びました。 

     
    ◆崋閉症支援における家族の障害受容」
    当事者の家族に来ていただきお話を聞きました。
    診断前の育児の悩みや診断後の苦労、周囲との関わりなど、まさしく『生の声』がダイレクトに心に響きました。
    診断を受けた時の気持ち、当時言えなかったこと、その時自分を支えてくれたもの…ご家族の思いを受け止めた時、その思いを大切にしながら支援をしていきたいと強く感じました。


    「田澤雄作先生による特別講義〜映像メディアが子どもの発達に及ぼす影響〜」
    子どもの育児における過度なメディアへの依存は、その子の言葉や感性に大きな影響を及ぼすということを学びました。
    この講義を通して、人間の成長に”生身の人”との関わりの重要性を感じました。
    生まれてきてから様々な人とのコミュニケーションを通して言葉や感性が豊かになってこそ、初めて「人間」と言えると以前から思っていたので共感できました。






     

    スポンサーサイト

    • 2016.05.12 Thursday
    • 17:02
    • 0
      • -
      • -
      • -